しかばね女子大生の気まぐれ日記。(↑は知り合いの猫ちゃんです。)


by nahocookie
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

突然ですが・・・

引越ししました☆
今度はこちらのブログから楽しんでね♪

こちらが新しいnahokoのおしゃべりcookieです
[PR]
# by nahocookie | 2005-12-17 00:26
直接名指しで回ってきたわけではないけど、面白そうなのでやってみます、印象バトン。

■周りから見た自分はどんな子だと思われていますか?
5つ述べてください。

・実は毒舌。
・奇抜なファッションをしている。
・てきとう、だらしない(色んな意味で)。
・マイペース(自分勝手ともゆう・・・)。
・甘えんぼ(甘ったれともゆう)。

こうしてみると、最悪ですね。
昔心理学の授業で受けた性格テストで、「奉仕」の精神がものすごく低いのに、「奉仕」を他人に求める精神はものすごく高かったことを思い出します。そういう人間です。

■自分の好きな人間性について、5つ述べてください。
 
・面白い人。
・思いやりがある人。
・子どもの心を忘れてない人。無邪気でピュアな人。
・どんなときでも陽気にしている人。ちょっとやそっとのことで深刻になったりせず、結構へらへらしてたりする人。要は心が広いってことです。
・悪い部分も含めて、自分をさらけ出せる人。

私は変人でしょうか・・・?

■では反対に嫌いなタイプは?

・まっすぐすぎて、自分の正しいと思わないことや人を、絶対認めない人。頭がカタイ人。真面目すぎて、すぐ人の話にひく人も同様。
・自慢する人。もしくは、「自分はこれだけ頑張ったんだ」とあからさまに見せつける人。他人に語るために努力してるわけじゃないでしょうに。
・いい子すぎて、本心が見えない人。たまにはマイナス面が見えないと不安です。
・ネガティブすぎる人。
・普通に、話がつまらない人。

■自分がこうなりたいと思う理想像とかありますか?

感情を考える前にすぐ言葉にだしてしまう自分。それで損することも多い。でもそこはいいところだよって友達に言ってもらいました。だけどそんな素直な部分を保ちつつ、それでいて他人に対する思いやりのある人になりたい。
結構バランスが難しいんだよね。。。


■自分のことを慕ってくれる人に叫んでください。

たぶん、騙されているんだと思う(笑)。
だけど純粋に嬉しいです。
私もまだまだ捨てたもんじゃあないな、って。

■そんな大好きな人にバトンタッチ15名!(印象付で)

誰かやりたい人いたらもらってくんろ。
[PR]
# by nahocookie | 2005-12-15 23:56 | つれづれ日記。
決めました。
「できない約束はしない。周りの人に迷惑をかけないためにも。」
私は、頑張れないくせに、頑張れる、頑張らなきゃ、ってそのときは思ってしまうのが問題のようです。
もっと自分を持って、要領よく。
頑張ろう。(あ、やべっ、また言っちゃった)
改め、頑張らないようにしよう。
自分の力を過信しないこと。どうせダメ人間なんだからね。
「無理なものは無理」と、言える勇気が、結局は人を怒らせたり、傷付けたりしないことにつながるのだ。

それでは今日から、ちょっくら伊東に小旅行してきます。
[PR]
# by nahocookie | 2005-12-12 21:12
美女入門
林 真理子 / 角川書店

林真理子のエッセイって大好き!これのほかには「ルンルンを買っておうちに帰ろう」しか読んだことないんだけど、小説とかも読んだことないんだけど(そのうち読みます)。

好きな理由の一つに、言い回しというか言葉遣いがあると思う。

・・・を見よ」という言葉遣い。大好き!
それから、「さもありなん」。この言葉遣いも。

このちょっと昔風の言い回しをたまにちりばめているのが、自嘲的なこのエッセイをさらに美味しくするトッピングの役目をしているのだ。

時々雑誌社の人から、インタビューした女優がすごく感じが悪かったという話を聞く。くわえ煙草をして、スタイリストを怒鳴り散らしたんだそうだ。昔はそういうのにカーッとして、
「許せない!世の中の人に真実を」
と息まいたこともあるけれど、今は、さもありなんという感じ。
「いいじゃないの、あれだけ綺麗だったらどんなことをしても許されるわよ。あの人が意地悪だって、私たちに迷惑がかかるわけじゃなし。あの人の恋人か何かだって、それでいいわけでしょう」(林真理子「美女入門」の「美人礼賛」より抜粋) 

そう、このエッセイはとてもとても「自嘲的」なのである。
そして、この文章の題名にあるとおり、基本的に「美人」を「礼賛」しているのだ。
もちろん自身は美人でない、という立場においてね。

ルンルンもそうだけど、林さんのエッセイには、女性のひがみとか、それでいて実は美しさに憧れたり、美人を前に「負けました」となる気持ち、その一方で「いや、私も彼女に張り合えるはず」なんて自分にしがみついたりする気持ち、カッコいい男の子と一緒に歩いたときの、他の女に差をつけたって思う優越感なんかが、開けっぴろげに書かれている。

女の子がみんな心の中で思ってること、でも絶対に人に言えないこと。言ったら「負け」になる、ちまちました情けなさ、でいっぱいのこのエッセイ。
だから、読んだらスカッとするのかな。
そして、全体にちりばめられている「自嘲」が、なんだか私の感性にぴったんこする。
私もそういうスタンスで生きているからです。

もしかしたら、私と林さんって、結構人間として似ているのかも・・・なんて大それたことを考えてしまったり。

でも、みんなそう思ってるのかな、だからこのエッセイは人気なのかもしれないね。

そんな林さんがエッセイで主張していることがあって、それは、下着とか寝巻きとか、一目につかないものこそ手をかけるべき、ということ。
はあ、なかなか私はそこまで手が回らないけど・・・頭の片隅にとめておくことにしよう。
[PR]
# by nahocookie | 2005-12-10 23:37 | カルチャーの話。

姉歯

初めて見たら読めないよね。
その点で自分の苗字と親近感を覚えます。
そんな歯、あったっけ?
ちなみにうちの父は歯科技工士です。

それでは、バトン、いってみよう。


――もしもバトン

あなたならどうしますか?

1:理想の女(男)が記憶喪失で落ちている。
→これは天が我に与えたもうたチャンスだと思う。

2:歩いていたらサインを求められた。
→困った。そのときのためにサインの練習しなきゃ。
 そういえば昔、ちょっとファンだった男の子に、友達づてでサインをもらおうとしたことがある。
 どんまい高校時代の自分(汗)

3:引き出しからドラえもんが出て来た。
→マジで嬉しい。とりあえず定番のどこでもドア、タケコプターはおさえたいところだが、何よりもほしいのは時間を最大限に延ばせる道具。1日40時間はほしい。

4:殺し屋に「死に方くらい選ばせてやるよ」と言われた。
→逃げる。

5:見知らぬ大富豪に遺産を遺された。
→コワイと思うけど、もらっとく。

6:初対面で「B型?」と聞かれた。
→「よく言われる~♪」と言う。しかもぶっさけ素で嬉しかったりする。

7:預金残高が増えていた。
→コワイと思うけど、もらっとく。

8:カモシカの様な脚にされた。
→もとから足にはコンプレックスないので、たぶんあんまり気づかない。

9:前に並んでる人に「俺の背後に立つんじゃねぇ!」と言われた。
→たぶんビビって「ごめんなさい」って言ってしまう。
 家に帰ったあとで初めて、「あれ、おかしくない?」と気づく。

10:「犯人はあなたです!」と言われた。
→とりあえず言い逃れようとあがく。

11:鏡を見たら目がヤギ目になっていた。
→たぶんショックで気絶する。でも強く生きていこうと思う。

12:尻の割れ目が消えた。
→どこからブツが出るのか不安になる。

13:偶然手に取った本の主人公が、明らかに自分だった。
→作者をみる。(みきちゃんと一緒)

14:モナリザがこっちを見ている気がする。
→どうしようもないので笑いかけてみる。

おわり。
[PR]
# by nahocookie | 2005-12-10 01:03 | つれづれ日記。

ハウルもののけ比較論。

ハウルの動く城
/ ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

映画館でも観たのですが、待ちに待ったDVDが出たので、早速借りてみました。
ハウルは相変わらずかっこ良かったけれど、映画館で観る方がやっぱりいいよね。
っていうのは、2回3回と観て行くうちに、ストーリーの粗さが目につくようになってしまったのです。
特に後半。ソフィーが過去のハウルに出会って闇の世界から戻ってくるんだけど、ドアを出たところに都合良くハウルがいるのが納得いかない。ずっとハウルのいる場所がわからなくて、ハウルを見つけるためにお城だってこわしたんじゃなかったのかい。そんな簡単に出てこられても・・・。
そもそも、ソフィーはその前にカルシファーの持っていたハウルの心臓に水をかけてしまっている、まさに絶体絶命って感じなのに、そのことも「結局水かけても大丈夫でした、ちゃんちゃん」てな感じにまとめちゃっている。そんな最後の部分がやっつけ仕事っぽくて今ひとつです。
要は、最後の部分をそんな感じになんでも都合良く処理してしまっているので、これといった山場がないのです。
おそらく、ソフィーがハウルの過去に出会った、という部分が山場と意図されているのでしょうが、そのシーンの映画全体における意味があまりわからない、かつ、さっきまでの困難が結局そのシーンのために解決されるわけでもなく、といった状態であまり山場と意識されていない部分があると思う。
具体的に言うと、ソフィーはそこで、ハウルとカルシファーの契約の謎を知るのであるが、そのことが直接、どこに行ったかわからないハウルを見つけるわけでも、水をかけてしまったハウルの心臓をよみがえらせるわけでもない。それらの問題は、ソフィーが過去の世界を出たら勝手に解決されていた、そのことに私は批判をしたいのです。

やっぱり、ストーリーを考えると、「もののけ姫」が一番だったかなあ。某Pさんは、「もののけ姫」を観て、「こんなつまらない映画があるなんて」と思ったそうですが、そこだけはゆずれません。っていうかPさんは変人なのでほっておいても大丈夫でしょう。

「人間と自然の共存」という現代における最も深刻なテーマ、そして、「生きろ」というシンプルで一番本質的なメッセージ。我々のアイデンティティの源泉である、日本という舞台設定。

「あの子を解き放て。あの子は人間だぞ!」

そんな究極の世界で繰り広げられるアシタカとサンの恋物語のほうが、恋愛を題材としたといわれるハウルにおける恋物語よりも、ドキッとしたのは私だけ?

たぶん、宮崎駿は恋愛物語を作るのがヘタなんだな。
「恋愛映画」と銘打って作るよりも、なにか他のものをテーマとした映画で恋愛を描くほうが、彼には向いているのかもしれませんね。自然です。
というのは、ソフィーとハウルのひかれあっていく様とか、そもそもどうしてひかれたのかということが、全然描かれていないし、最後のほうのキスシーンとかラブラブっぷりも唐突。全然ロマンチックでないのだ。

とはいえ、ハウルというキャラクターはほんとにすてきです。
キムタクだから、といって食わず嫌いしている人、それは大いなる間違いです。
あの映画で一番いいところ、それは「キムタクの声」です。
このことは肝に命じてください。

ストーリーについてわかんない人は原作を読むといいんじゃないでしょうか。
実家にあったけど、数ページ読んでやめました。
たぶん原作はつまらないと思います。
ただしハリポタの原作も読めない私のことだから、あまりあてにしないでください。
[PR]
# by nahocookie | 2005-12-09 16:56 | カルチャーの話。

見て見て!

e0013990_22203480.jpg

新宿南口のイルミネーションです☆
[PR]
# by nahocookie | 2005-12-06 22:20

急に忙しくなった理由

理由なんてないんです。
要は気持ちの持ちようです。

今までなんもやらなさすぎて、ことのやばさにようやく重い腰を上げた次第です。
昨日なんて日曜日なのに、家にひきこもっていたし・・・。

今日はゼミのあと卒論のデータ分析を行いました。

私は介護についてやっているので、医学部のゆかりちゃんに医学部図書館(通称いとしょ)の文献検索の仕方を教えてもらいました。

その後、ゆかりちゃんの彼氏さんがSASに詳しいというので、急遽彼氏さんを召還して、SASの講義をちょびっとだけ受けました。
結局、そのことはわからずじまいだったのですが、それとは別にわかったことがあります。

その1.医学部生はタダでSASをインストールできる。
その2.医学部生の使っているSASは我々文学部生の使っているSASよりバージョンが新しい。
その3.SASなんかよりSPSSの方が数段操作がカンタン。たぶん100倍くらい。

このさい思い切ってSPSSにシフトしようとも思うけれど、そうなるとSPSSのある学生室で分析をしなければならず、ラウンジできままにのんびり分析ができないので、やっぱやめます。
あ~、誰かやさしい人が私にSPSSのソフトを貸してくれないかしら。。。
[PR]
# by nahocookie | 2005-12-05 23:00 | お勉強の話。
そういえば、トルコ旅行から1ヶ月、なにも日記にしるしてこなかったので、ぼちぼち書きとめておいたメモをもとに全貌を晒していこうと思う。もう結構忘却の彼方にある部分もあるけれど。

e0013990_1115067.jpg

↑モスクワ空港の卵型のお土産

1日目のメモから。

おおよそモスクワまで11hかかったわけだが、初めての海外旅行ということもあり、もっと短く感じた。機内食を食べたり持ってきた小説やロシアの雑誌を読んだり、あとはひたすら寝ていたらモスクワに着く。
初めての外国!!
外の景色を見るだけで感動した。空が薄暗くどんよりと雲っていたのがロシアらしかった。このような重い空気の中でロシア文学は生まれたのだ。
(ちなみに持ってきた小説は全然関係ないヘミングウェーだった・・・)

後にツアー客の一人が言っていたことだが、ロシアの冬に行くのも犬そりに乗ったりなど、とても面白いらしい。

モスクワ空港は決して広くなく、薄暗い。これが先進国ロシアの空港なのかと目を疑うくらいである。空港全体に免税店の香水の甘い香りが匂ってくる。
初めての外国での買い物は緊張した。英語が全く使えない自分が腹立たしい。
ポテチやジュースなどを買った。ロシアの通貨、ルーブルをもらって、ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」に出てきた通貨だとちょっぴり感動。

ロシアでの6h飛行機待ちは結構キツかった。寒いし、狭いので何もすることがない。免税店をうろうろしたりトランプをするくらい。
(ちなみにこのトランプは長い旅行中この瞬間にしか使われなかった)
途中でつっちーにもはぐれた。後に再会できたが。
免税店にはちゃんとマトリョーシカもあった。

その後3hほど飛行機に乗ってトルコへ。ロシアの空港の人はとても厳しく、男性も女性もまるで軍隊のようだった。ちらとも笑みを見せない。ボディチェックなんかほんと恐い。
それに比べてトルコの空港の人は終始やわらかい笑みを顔にたたえている。これがお国柄なのかと少々驚く。

入国審査で一つ不愉快なことがあった。パスポートを見せたらトルコ職員がにやにやしながら何度も私の顔とパスポートの写真を見比べているのだ。
そして私に向け放たれた言葉は・・・・、

「オナジオンナ?」

!!!!超頭に来る!たしかに私はそのときメガネをかけていたし、長く飛行機にいたのですっぴんでもあった。確かにやつれてもいたであろう。しかし、、、通りすがりの人ならまだしも、このように仕事としてきちんと勤務している者から、このような暴言をはかれるとは・・・。
トルコ、おそろしい。日本なら絶対に許されぬ行為。
彼はその後私が横を通り抜けるまで、執拗ににやにや笑いをしながら私を凝視しつづけたのであった。

イスタンブールに着いたのが夜の1時過ぎ。夜のイスタンブールもモスクがライトアップされており、とても美しかった。しかし、イスタンブールは120万人の大都市というが、やはり新宿歌舞伎町のような賑わいのある都市は、世界にもなかなかないようだ。
無事ホテルに着き、3時頃就寝。
[PR]
# by nahocookie | 2005-12-03 11:15 | つれづれ日記。
突然ですが、宣言します。
「ナホコは今日から最低一週間はメガネ娘で過ごします。」
e0013990_12203275.jpg

っていうのは、今日コンタクトを作りにいったんですよ。そしたら、
「目にキズがついてるから、コンタクトは出せません。」
って言われちゃったんですよ。ひん。

持ってたメガネはこわれちゃってたし、しょうがないから新しく作ってしまいました。
池袋メトロポリタンのzoffで、超薄レンズで12000円で作りました。

フレーム迷ってたら、店のおにいさんに、
「僕はこのフレームが一番似合うと思いますよ。かわいいです。」
って言われたので選びました☆

メガネかけた男の人が「僕」っていうと萌えるよね。きゃは☆
ちょっぴりときめいちゃいました。

ちなみにかぶってるのはこの前segalで買ったファー帽です。お気に入り。
[PR]
# by nahocookie | 2005-12-02 12:20 | ファッション・メイクの話。